活き活きニュース
アイドル活き活き塾第2回公開セミナーは大々々成功!
(2)講師陣、仲間割れ! 塾長は急遽2つのユニットに対抗歌合戦を指示
 


◆各画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。
◆このレポートは関係者の証言で構成されており、当日の正確な記録に基づいていません。

▲活き活き動画ニュース一覧へ戻る

先生方に感想を求めるI塾長   ハロプロメドレーが終わり、活き活きしながらふたたび壇上に集う全先生方。

 すばらしい出来だったこの特別レッスンに満足げなI塾長は、K先生に感想を求めた。

 K先生は「やっぱり、私はバックに塾長とS先生とおにいちゃんを従えてやったんで、豪華さでは一番かな」と自慢げにコメントした。

 ところが、これに対しS先生が口をはさんだ。
 「ちょっとK先生、私は旅に出たY先生の代わりにピンチでお手伝いしただけで、別に従ったわけじゃないですよ?」

 するとK先生は、「S先生、そんな言い方ないじゃない? 私だってホントはあやや唄いたいんだよ!この前札幌までBON-BON BLANCO先生追っかけしに行ったときにもカラオケで唄ったんだよ「めっちゃホリデイ」。でも、マニアのみなさんが「あややはS先生だ」ってよくネットに書いてるから、譲ってあげたんじゃない!それなのになによその言い方!」

S先生ともめるK先生
泣きべそをかくN先生  これにはR先生がクレーム。
「K先生、そんなこと言いながら、さっきの衣装は何なんですか!ノリノリでやってたじゃないですか!私だってホントはあやや唄いたいけど、セミナーの成功のためには私がミキティやるべきだ、と考えてがんばったんだよ!」

 さらに、新人講師のN先生は、「K先生、さっき、なんでバックでいっしょにやった私だけ名前挙がらなかったんですか? そんなに私はだめですか?」と途中から泣きべそになってしまった。

 これを新人講師のY先生がフォロー。「N先生、何泣いてるんですか?今日はせっかくの公開セミナーじゃないですか!もっと明るく行きましょうよ!」

 しかしY先生には、S先生がスルドいツッコミを入れてきた。「あのさ、…さっきから気になってたんだけど、あなた、誰?」

 これに対し、K先生はあわてながら「Y先生ですよ! 旅に出たY先生のピンチヒッターで、私が吉祥寺でスカウトしたんだよ」とコメントし、Y先生をかばった。

Y先生と、先生をスカウトしたK先生
「活き活き対抗歌合戦だ!」  ところがこれに黙っていなかったのはR先生。「えー!っ?インターネットのごくラ部掲示板に、K先生は『スカウトなんかやってない、活き活きニュースはウソだ』って書いてたじゃないですかーー!」

 もう講師の先生方の間の信頼関係はメチャメチャだ。「あっち、泣いたり怒ったりわけわかりませんよ!」「活き活き塾はみんなでやらないと楽しくないのに、何勝手なことやってるんですか!」と悪罵の投げつけあいになってしまった。

 そしてこの状況に悩んだI塾長は、ついに決断を下した。

 「もうこうなったら、2グループに分かれて、活き活き対抗歌合戦だ!」

 塾長のこのわけのわからない提案に、J先生以外の5先生は「ええええーーーっっ!?!?」と驚きを隠さない。
 しかし塾長は話を続けた。「今から、S先生、R先生、N先生はおとめっ子クラブ、K先生、J先生、Y先生はさくら隊という名前でがんばってください!」

ガッツポーズをするさくら隊の面々
おとめっ子クラブの「がんばります♪」  これに対し、すぐにJ先生は「ケイ…一緒にがんばろう!」とキモチを切り替え。K先生、Y先生もいっしょに、ちょうどK先生がスカウトに出かけた秘密会議の時のようなガッツポーズを作った。

 もちろんおとめっ子も負けてはいない。3先生は、これまた定番となった「がんばります♪」で団結を確認し合った。

 先攻はおとめっ子クラブ。まずは「おとめっ子なので乙女塾を代表する曲を唄います」ということで、CoCo先生の「EQUALロマンス」となった。 「EQUALロマンス」
R先生とS先生  R先生・N先生が両翼で、メインはS先生。全先生ともにあまりにかわいい。
 しかし、せっかく先生方が前向きに唄っておられる中、セミナーに紛れ込んだ厄介な客が、最近まさにこの「EQUALロマンス」をカバーしておられるプリエール先生のポスターを振っていた。どうせ、このセミナーの直前に秋葉原で行われていたプリエール先生のイベントからこの会場まで流れ着いてきたのだろう。 N先生と厄介な客
さくら隊「なにがなんでも」  続いて後攻のさくら隊も、乙女塾に対抗し、桜っ子クラブさくら組先生のデビュー曲「なにがなんでも」で勝負してきた。
 名前に反し(笑)全員黒い衣装でオリジナリティを主張する さくら隊。振りもしっかり、漢=J先生をフィーチャーすべくリアレンジされていた模様。 K先生とY先生
解説合戦  1曲ずつ唄い終えた両ユニットは、それぞれの曲目をPowerPointで解説。
  K先生は「『なにがなんでも』は川島だりあ先生・織田哲郎先生の作で塾長がお気に入り」などと説明するが、S先生はこれに対し「塾長、塾長ってうるさいですね!そんなにコビ売ってみっともないですよ!」と揶揄したが、K先生は「そっちなんかただ歌ってるだけじゃない。こっちは、歌だけじゃなくて解説もゴマスリも工夫してるのよ!」と堂々と切り返した。
 塾長は次の対抗戦のお題を「2人組」と指定した。そしておとめっ子が出してきたのは、懐かしや、Tiara先生の「いけない…わからない…好きならばかまわない」。 「いけない…わからない…好きならばかまわない」
ティアラを装着したS先生・R先生  ティアラをつけ、まるでTiara先生そのままのイメージの衣装で唄い踊るS先生とR先生。ちなみになぜかR先生がロングヘアになっている。(自腹プレイとのウワサ)
 いよいよマニアックな選曲に一部の悪質なファンは大盛り上がり。ていうか、あなたたち、新人シフトがっつきはやめれ。(笑) 悪質なファン、大盛り上がり中
「UNBELIEVABLE」  対するさくら隊は、J先生・K先生の兄妹2人で、KEY WEST CLUB先生の「UNBELIEVABLE」を唄い勝負に出た。
 美しき兄妹愛でこの曲を唄うJ先生とK先生。J先生が中谷美紀先生のパート担当というのもどうよ?との声もあるが、会場内では「K先生のツーテール萌え♪」との声も一部で挙がっていた模様。

 曲が終わった後はまたもや解説合戦。K先生はまたもや「この曲のコーラスは塾長お気に入りの栗林誠一郎先生大黒摩季先生」などとゴマスリトーク全開だったが、これに対し、R先生が切り札的なビデオを持ち込んだ!
 「Tiara先生のメンバー、菊地奏衣先生は、塾長とはなんの関係もない、よねよねさんの父親の教え子だったんです!」

J先生・K先生
塾長激怒!

 そして流された戦慄のビデオ。会場は、よねよねさん(というかいずみちゃんというか)と菊地奏衣先生との邂逅シーンを、固唾を呑んで見守っていた。

 しかしそこに現れたのは塾長だ! 塾長、えらくお怒りの様子で、「そんな、元男だとか後ろ向きなビデオかけてるんじゃないですよ!」と錯乱状態。R先生の「だから私たちよねよねさんの話しただけで塾長のこといってませーん」との弁解にも聞く耳を持たず、「おとめっ子はもう大減点ですよ! 次はソロコーナーで挽回してください!」といいつつ立ち去った。

 おとめっ子は、ここぞとばかり、秘密兵器=新人N先生を投入。唄うは中嶋美智代先生の佳曲「どうぶつでんわ」。

 K先生と同じ24歳とは思えない、そののかわゆさに、セミナー受講生たちはかなり活き活きしてきた。

 しかし!この後、N先生の身にとんでもないことが襲い掛かったのだ!

N先生「どうぶつでんわ」


▲公開セミナーニュース(3)へ進む

▲公開セミナーニュース(1)へ戻る

▲活き活き動画ニュース一覧へ戻る

 
Copyright 2002-2003 TSUCHI TV. All Rights Reserved.